エリザベス女王のお気に入りの美容製品は時の試練に耐えてきました

美人

デイビッド・レベンソン

エリザベス女王は、彼女のお気に入りの口紅を宣伝する仕事をしていませんが、彼女の美しさのルーチンを識別する方法があります。いくつかの勇敢な王室報告に加えて、女王の商業的好みは王室の令状から推測することができます。王室の令状を保持している少数の会社は、長年ウィンザー家に供給しており、王室の顧客について自慢する特権を獲得しています。ここでは、女王の必需品であるパウダー、クリーム、香りのセレクションがあり、その多くはとらえどころのない王室の令状を持っています。

1エバーマットラディアントマティファイングパウダー

礼儀クラランスクラランス$ 36.00

エリザベス女王は、company冠式のローブと一緒に口紅の色合いを作るよう会社に依頼した後、クラランスの化粧品を着て有名になりました。最近、彼女はまだブランドの製品を定期的に使用しています(クラランスは「スキンケアと化粧品」の王室令状を保持しています)、エバーマットパウダーはクイーンの必須アイテムの1つであると噂されています。



2バレエスリッパのマニキュア 礼儀Essie Essie $ 8.50

EssieのWebサイト(および他のいくつかの情報源)によると、クイーンの美容師は、1989年にバレエスリッパのボトルをリクエストするために、ブランドの創設者であるEssie Weingartenを書きました。うわさによると、今日まで、it下の爪を飾るのはそれだけです。



3ハンドアンドネイルトリートメントクリーム

礼儀セフォラクラランス$ 30.00

手と爪のクリームのこのチューブは、「宮殿で決して尽きることがない」と噂されています 電信。結局のところ、彼女が定期的に爪を仕上げているのであれば、女王はきっとその完璧なマニキュアを維持しなければなりません。

4美しい色の保湿口紅 礼儀Dermstoreエリザベスアーデン$ 21.20

女王は長い間エリザベスアーデンの口紅のファンでした こんにちは、ブランドは55年以上にわたって王室御用達を保持しています。英国の君主がどの色を好むかは正確にはわかっていませんが、彼女はワイルドベリー(ここに掲載)と同様に大胆なピンクの色合いを好む傾向があります。

5 8時間のクリーム肌保護剤

礼儀ウルタエリザベスアーデン$ 22.00

クイーンズエリザベスアーデンのお気に入りのもう一つは、ブランドのエイトアワークリームです 電信。 2016年、マスコミの代表者は、ブランドが女王の上級ドレッサーであるアンジェラ・ケリーと頻繁に連絡を取り、君主に奉仕したと語った。 「私たちはアンジェラ・ケリーと彼女のチームと緊密に協力して、Ma下が必要とする、または試してみたいものに優れたサービスを提供することを保証します」と代表は言いました。 電信。 「しかし、私たちは非常に誇りに思っていることを明らかにすることができます。」

6レモンとネロリの石鹸 礼儀Amazon Bronnley England $ 25.00

ブロンリーは1943年にジョージ6世によって王室の令状を最初に授与され、エリザベス女王も後にそれを提供しました。どのブロンリー製品がバッキンガム宮殿で在庫されているかは正確にはわかりませんが、ブランドのレモンとネロリの石鹸は、ブロンリーのファンのお気に入りの1つなので、良い賭けです。

7おいしいルバーブとローズボディウォッシュ

礼儀モルトンブラウンモルトンブラウン$ 30.00

さらに別の王室御用達であるモルトン・ブラウンは、女王に「トイレタリー」を提供する特権を持っています。繰り返しますが、君主が好む特定の製品を見つけることはできませんでしたが、ピンクに対する彼女の好みに基づいて、私たちはこのボディウォッシュが強力な候補であることを理論化しています。

8オーバルチェリーウッドヘアブラシ 提供:Amazon Kent $ 78.00

ケントは世界最古のブラシメーカーであり、なんとか王室の令状を保持しています エリザベス女王を含む君主。

9ホワイトローズオードトワレ

提供:Amazon Floris London $ 135.00

フロリスによると、 フランケンシュタイン 著者のメアリー・シェリー、キング・ジョージ4世、フローレンス・ナイチンゲールはすべて信者でした。つまり、エリザベス女王は良い仲間です。 フロリスは女王からの「香水師」として王室の令状を受けており、彼女が熱望している香りについては言及していませんが、花のホワイトローズに賭けています。

10イングリッシュラベンダーとエッセンシャルオイルソープバー 礼儀Amazon Yardley $ 12.07

17世紀半ばに、ヤードリーはチャールズ1世から王室御用達を確保して、ロンドンの石鹸をすべて供給しました。最近では、ブランドはもはや首都の独占を維持していませんが、王室の絆を保持しています。王室の住居では、ヤードレーの石鹸を手元に置いており、 マリークレア、ウィンザー城への個人客にもヤードリー製品が提供されます。