チャールズ皇太子のイスラエル訪問と占領下のパレスチナ領土のすべての写真

遺産

アナドル・エージェンシー

チャールズ皇太子は非常に忙しい週を過ごしています。スイスのダボスで開催された世界経済フォーラムで気候変動に対する対策を講じることの重要性について基調講演を行った後、王室は翌日イスラエルに迅速な王室訪問のために旅立った。 2日間の旅行中、プリンスオブウェールズはアウシュヴィッツビルケナウ解放75周年を記念して世界ホロコーストフォーラムに参加し、イスラエルの指導者と会い、約束に参加します。

チャールズはまた、占領下のパレスチナ領土を訪問し、パレスチナ大統領マフムード・アッバスに受け入れられ、ベツレヘム周辺で婚約を行う予定です。



ここでは、プリンスオブウェールズの外交訪問からのすべての最高の写真。



1

ABIR SULTANGettyイメージ

チャールズは、エルサレムの世界ホロコースト記念センターであるヤドバシェムで開催された世界ホロコーストフォーラムで演説を行いました。 「ホロコーストの教訓は今日に向けてとてつもなく関連している」と彼は演説の中で述べた。 「アウシュビッツ・ビルケナウの解放から75年後、憎しみと不寛容はいまだに人間の心に潜んでおり、新しい嘘をつき、新しい変装を採用し、新しい犠牲者を探し続けています。」

彼はまた、祖母であるギリシャのアリス王女に言及しました。彼女はギリシャのナチス占領中にユダヤ人家族を保護したことで亡くなり、ヤド・ヴァシェムに彼女の名前で植えられた木があります。

2 PoolGetty Images

プリンスオブウェールズは、フォーラムでイスラエルのベンジャミンネタニヤフ首相やイスラエルのルーベンリヴリン大統領など、他の世界の指導者や要人と話をしました。

3

PoolGetty Images

フランスのエマニュエル・マクロン大統領もこのイベントでチャールズと話をしました。

4 PoolGetty Images

ベルギー王フィリップ王(左)とスペイン王フェリペ(中央)もチャールズと会談しました。

5

メナヘム・カハナ

チャールズはイスラエル博物館を訪問し、博物館の議長であるイサック・モルコと英国首長ラビ・エフライム・ミ​​ルビスが加わりました。ここでは、彼らは本の神社の外にあり、神社のキュレーターであるアドルフォ・ロイトマンが同行しています。

6 メナヘム・カハナ

チャールズは、本の神殿で世界最古の聖書写本である死海文書を見る。

7

メナヘム・カハナ

チャールズはまた、再建されたツェデクヴェシャロームシナゴーグを見ました。

8 メナヘム・カハナ

博物館にいる間、チャールズはホロコーストの生存者であるマルタ・ワイズとジョージ・シェフィとも話をする時間をとりました。

9

アナドル・エージェンシー

チャールズは、エルサレムのイスラエル大統領事務所で、ルーベン・リブリン大統領と会談しました。

10 アナドル・エージェンシー

二人は座っていくつかの言葉を言いました。

11

クリス・ジャクソン

チャールズはテルアビブにあるMa下大使邸でのレセプションで話をしました。

12 クリス・ジャクソン

1月24日、チャールズ皇太子はエルサレムのオマールのモスクを訪問しました。

13

PoolGetty Images

彼はその後ベツレヘムに旅立ち、そこでキリスト者の崇拝の場所として継続的に使用された最古の場所であるキリスト降誕教会を訪れました。

14 PoolGetty Images

また、ベツレヘムで、チャールズはパレスチナ人クリスチャンのレセプションでスピーチをしました。

15

PoolGetty Images

ヨルダン川西岸での旅行を続けながら、チャールズはパレスチナのマフムード・アッバス大統領と会った。

16 クリス・ジャクソン

その日の後半、王子は伝統的なオリーブの木立と果樹園を訪れ、そこでオリーブの苗木を植えました。